脱毛ラボ レーザー脱毛

レーザー脱毛の歴史

脱毛ラボの施術法は光脱毛といいますが原理はレーザー脱毛と全く同じです。

 

医療用の機械と比べ焦点が広く出力が一点に集中しすぎないのが特徴です。

 

そのメリットは弱い出力だからこそ痛みが無く広範囲を一度で出来るので短時間で処理できるのです。

 

医療レーザーは正直痛みがソコソコ有ります。

 

しかし脱毛サロン系のだツムラ簿では全くと言っていいほど痛みを感じずに処理できるので近年人気が物凄く出ているのです。

 

痛みの出ない脱毛というのは物凄いメリットですので人気が出るのも頷けますね。

 

レーザー脱毛は、当初は外科手術を行わず出血も殆どないため綺麗に直すことが可能な方法として、医療機関でシミ、ソバカス、ホクロなどの治療に使われていた方法の理論を活用させたもので、ハーバード大学のロックス・アンダーソン教授が開発したルビーレーザーによる脱毛法が最初に登場しました。

 

しかし、このレーザーは白人には問題ないのですが、メラニンを皮膚に多く含む人種には通常の皮膚に炎症を起こしてしまうという難点があったため、それを改善したアレキサンドライトレーザーが日系3世の物理学者フジモト氏によって開発されました。

 

このレーザーは日本人の肌にとても相性が良く、皮膚を傷つけることなく毛根と周辺のメラニンだけにダメージを与えらたので、日本国内に一気に広がり、年々進化しながら今に至っているのです。

 

私の聞いた脱毛ラボ名古屋店についてはこちらのページを見てみて下さい。

▲ページトップへ▲